フィンランド発祥のサウナは遠い日本でも根強い人気があります。

体の芯から温まるあの感覚はなかなか他では味わえない感覚です。

 

サウナというと健康になれるようなイメージを持たれる方が多いと思います。

サウナは体だけでなく、ニキビに悩むお肌にとっても効果的なものです。

 

サウナがニキビ対策に効果的な理由があります。
今回はその中でも、代表的なものをいくつか紹介したいと思います!

 

サウナがニキビ対策に良い理由

 

サウナのニキビへの効果をまとめてみました。

体温の上昇がニキビに良い

現代のライフスタイルでは通常時の体温が低いという人が目立ちます。

体温の理想は36.5度以上とされていますが、実際にはそれより低く、中には35度台の人もいます。

 

体温が下がると、まず代謝が悪くなるので老廃物の排出も上手くいかなくなります。

さらに、消化器系の活動も鈍ってきたり、免疫力も落ちます。

 

サウナに入ることで体の内部が温まり体温が上昇します。

体温の上昇により代謝が良くなり、汗により体の中の老廃物が流されます。

 

消化器系の活動も活発になり、便秘の改善にも効果があります。

 

血行促進がニキビに良い

体温が低いと血液の循環も悪くなります。

冷え性の原因になったり、本来肌に酸素や栄養を運ぶのは血液の役割です。

 

体温が低いことが原因で血液の循環が悪くなれば、ニキビなどの肌トラブルにつながります。

サウナにより、体温が上昇すると血液の循環も良くなります。

 

肌に栄養がちゃんと送られるのでそれだけでニキビ対策になります。

肌の新陳代謝であるターンオーバーも整い、ニキビができにくい肌になります。

 

発汗がニキビに良い

大人ニキビの原因は代謝の低下が一つの原因ですが、汗をかく機会が減っているのが原因です。

 

移動は車や電車ばかり、

オフィスはエアコンによる温度管理がされ、

階段は使わずエレベーター、エスカレーター。

 

これでは汗をかく機会がめっきりと減ってしまいます。

サウナで発汗することにより、毛穴に詰まった老廃物が汗とともに出すことができます。

 

リラックス効果がニキビに良い

サウナにはリラックス効果があります。

リラックスできるのでストレス発散にもなります。

 

ストレスはニキビの原因の一つです。

ストレスで、食欲不振や睡眠障害など様々な悪影響を及ぼします。

 

サウナで副交感神経が優位になると、温まった体の温度が下がってくるにつれ自然な眠気によりぐっすり眠れるようになります。

 

サウナ中、サウナ後の注意点

体に良いサウナですが、やりすぎは禁物!

注意点をまとめました。

長時間サウナを利用しない

サウナをずっと利用してしまう人がいます。

サウナがいくら体に良いと言ってもやりすぎは逆効果です。

 

特に汗をかくことで体の中の水分が逃げて軽い脱水状態となります。

この状態が長く続くと水分不足により血液がドロドロになってきます。

 

のぼせるほどやる必要はなく、サウナの目安は10分くらいで十分です。

たったの10分ですが、体の中から温めることができます。

 

ちなみにサウナでは、下段の方が上段より温度が低いので暑くてキツイ場合は最初に下段から座ってみてください。

 

汗をそのままにしない

サウナの後のクールダウンで汗をそのままにしないことです。

せっかくサウナで発汗して毛穴の老廃物を出したのなら、サウナ後にシャワーで洗い流しましょう。

 

毛穴を開いたままにしない

サウナ後は毛穴が開いています。

この状態は絶好の保湿チャンスです!

 

サウナ前は毛穴が詰まっていたり、詰まり気味で化粧水があまり浸透しなくてもサウナ後はしっかりと浸透します。

サウナ後は保湿をしっかりと行い毛穴を閉じましょう。

 

ニキビが炎症している時には塩サウナは控える

デトックス効果があるとして、人気の塩サウナ。

塩サウナは刺激があるので、目の周りや、肛門、陰部には塩をまぶしてはいけません。

ニキビが炎症している肌も、刺激が強すぎるので塩サウナは控えましょう。

 

サウナの正しい入り方とマナー

サウナは正しい入り方と最低限のマナーを守って快適に利用しましょう。

サウナは、洗浄➡︎サウナ➡︎シャワー➡︎水風呂➡︎クールダウン

●まずは、体をキレイに洗いましょう。

サウナでは汗をかくので汚れたままだとサウナの中に汚れた汗が落ちてしまいます。

いきなりサウナに入るのはマナーが良いとは言えません。

 

●サウナに入ったら、無理をせず10分くらいを目安に滞在しましょう。

時間を競ったり、テレビが気になって長時間サウナの中に止まることは体にとって負担になります。

 

友人とサウナに行くとついつい競ってしまいますよね。
ですが、その勝負に勝っても得るものはなく、失うものは健康な肌です。。。

 

●サウナを出たら、シャワーか洗面器で汗を流しましょう。

かけ湯をしないでいきなりお風呂の中に入るのはマナー違反です。

 

●水風呂は冷たすぎて無理な場合は体に少しずつ体に水をかけて流していきましょう。

水風呂は1〜2分の短い時間で十分です。

 

●最後にクールダウンです。

椅子や座れるところに腰掛けてクールダウンをしましょう。

この時間が一番リラックスでき、サウナを至福に感じられる時です。

クールダウンのしすぎで体を冷やしすぎないように注意してくださいね。

 

まとめ

サウナのニキビや吹き出物に対する効果と注意点を紹介しました。

サウナに入りたくなってきませんでしたか?

 

定期的にサウナに入って、しっかりと汗を流しニキビ対策をしていきましょう。

普段から、運動や体をなるべく動かす習慣を身につけましょう。

 

例えば、バス停を1つ分歩いてみたり、駅ではエスカレーターではなく階段を利用し、会社でもエレベーターではなく階段を利用しましょう。

 

サウナの後に使ってみませんか?

 

サウナに入る前は頭も体もキレイにして入ることがマナーです。

ですが、サウナに入ることにより血行が促進し汗が大量に出てきます。

 

汗が出る時に毛穴も開きます。

毛穴が開いた時に、毛穴をキレイにできる洗顔を使えばより効果があります。

 

ニキビ専用洗顔石鹸『ノンエーはニキビ対策に特化した石鹸です。

モチモチとした弾力のある泡で毛穴の汚れをしっかりと落としてくれます。

 

通常の洗顔時でも十分な洗浄力がありますが、サウナ後に使えばさらに効果を発揮してくれます。

しかもただ汚れを落とすだけでなく、洗顔後にうるおいを与えてくれる石鹸です。

 

秘密は、ノンエーにはヒアルロン酸リピジュアローヤルゼリーといった保湿成分が含まれているからです。

汚れは落とすけどうるおいは残すのがノンエーの特徴です。

 

ノンエーが気になった方はぜひ一度使ってみてください。

サウナに行くときはノンエーも一緒に!!

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事