ストレスで肌荒れしてニキビができた。
そのニキビがストレスでさらにニキビができた。

 

ニキビが原因で、おしゃれも楽しめないし、人前で話すのも苦痛に感じてストレスの連鎖になってしまう。
もうストレスでニキビができるのも、そのニキビをストレスに感じるのもイヤだ。

 

そもそもストレスでニキビができる場所って決まっているの?

 

今回はストレスとニキビの関係をまとめてみました。
ストレスを感じると体にどんな影響があるのか?
ストレスが原因でできるニキビは顔のどこにできるのか場所も紹介します。

 

ストレスでニキビができやすい場所はどこ?

ストレスを感じた時に、ニキビができやすい場所はアゴ〜口にかけてです。
アゴはストレスを感じた時にホルモンバランスが崩れ、その影響を受けニキビができるところです。

 

男性ホルモンの一種アンドロゲンが増え、皮脂の分泌も増えて角質を硬くしてしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れ皮脂の分泌が増えてしまうと毛穴詰まりを起こしやすくなります。
毛穴が詰まりやすくなるのでニキビができやすくなります。

 

男性の場合は、髭を剃ることで肌に負担をかけている場所なのでニキビの要因になっています。
特に切れ味の落ちたカミソリは肌の角質も削ってしまいます。

 

毎日髭をカミソリで剃っている方は特に要注意です。
顔の中でも一番負担がかかっている場所といってもいいくらいです。

ちなみにT字カミソリの交換時期は約2週間です。
期間内でも、お風呂に置きっ放しや使った時にキレイにしていなかったりした場合は2週間よりも早めに交換した方が良いでしょう。

 

ストレスを感じた時の体への作用

ストレスを感じた時に体には様々な影響があります。

睡眠

ストレスを感じると、睡眠にも影響が出ます。
ホルモンバランスが崩れる原因には睡眠も影響しています。

 

ストレスにより質の良い睡眠がとれていないと、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れてしまいます。
人はターンオーバーにより、肌の表面の厚さ0.02mmの角質層を入れ替えています。

 

古い角質層が残ったままになると毛穴に詰まりやすくなります。
さらに化粧水を使っても浸透が悪く効果を落とすことにもなります。

 

睡眠の質の低下は、ターンオーバーの乱れだけではありません。
人は睡眠中に新しい肌を作っています。
睡眠の質が悪いということは新しい肌を作ることを阻害してしまうので肌荒れにつながるのです。

 

自律神経にも影響が出てしまい、免疫にも悪影響が出ます。
免疫に影響が出ると、ニキビの原因であるアクネ菌の活発を容易にしてしまいます。

 

胃腸

ストレスを感じた時に胃腸の調子が悪くなることあります。

ストレスで下痢になると、食べた食品からの栄養が十分に吸収されにくくなります。

肌に良い食事をとっていても吸収されないのはもったいないことですね。

 

ストレスでニキビができた時のケア

ストレスでニキビができた時に必要なケアは、通常のニキビケアと同時にストレス元のケアが必要です。
ストレスの元を断たなければ、意味がないからです。

 

通常のニキビケアは、潰したり刺激を与えずに洗顔や保湿を行うことです。
ニキビにはニキビ専用のスキンケアを使用することが効果的です。

 

管理人の私はニキビができやすい肌質なので通年ニキビ専用のスキンケアを使用しています。
ニキビ専用の洗顔石鹸のノンエーで健康的な肌を保っています。

 

顔の場所によってニキビの原因は違いますが、ノンエーはどの場所のニキビでも使えます。

 

通常のニキビケアは人によって大きく変わることはありませんが、ストレスケアは変わってきます。
人によってストレスの元が違うからです。

 

仕事の内容によるストレスであったり、職場での人間関係、家庭の問題など様々です。
ストレスがさらなるストレスを感じる悪いスパイラルに陥ることもあります。

 

ストレスを発散するのに効果的なことは体を動かす好きなことをすることです。

 

 

久しぶりに運動をした時に、次の日の筋肉痛のことを考えてしまいますが体の爽快感も感じることができます。
厚生労働省も運動は気分転換やストレス解消になり、メンタルヘルスの改善に効果があると公表しています。

 

どんな運動をすれば良いのかというと、ウォーキングやランニングなど酸素を体に取り入れる有酸素運動が効果的です。

 

また一度に長時間の運動ではなく30分程度を行うことと、きついと感じない負荷で行うことが大切です。
次の日にまで疲労が残ると仕事に差し支えてしまいますので軽く汗ばむくらいまで行うことです。

 

体を動かすスポーツも共通の趣味を持つ人と関わり合いをもてて継続しやすくなるのでおすすめです。

 

スポーツが好きなことで体を動かす時間があれば良いのですが、体を動かす時間もないという場合は、音楽鑑賞などインドアでできることで楽しみましょう。

 

コーヒーが好きならリラックスできる空間でコーヒーを飲んだり、マッサージを受けたり、一日の中でストレスから解放される時間と場所を持つことが大切です。

 

まとめ

ストレスを感じた時にニキビができやすい場所と、ストレスとニキビの関係を紹介しました。
仕事もプライベートも絶好調でノンストレスという方は逆に少なく、人はなにかしらのストレスを感じていると思います。

 

ストレスを完全になくすというのは難しいので、ストレスと上手く付き合っていくことがニキビ対策にもなります。

 

昔から、心が疲れたら良い景色をみなさい、体が疲れた時は美味しいものを食べなさいという言葉があります。
美しい景色や美味しい食べ物は人を笑顔にし、心が満たされます。
休みが取れたら、温泉旅行など体も心も満たされるストレス発散ができれば、なお良いと思います。

 

ストレス時でもスキンケアでニキビ対策ができる!
ストレスは美肌にとっては天敵です。
ストレスが肌に良いことは一つもありません。

そんなストレス時にスキンケアでニキビ対策ができるのが、ニキビ専用石鹸ノンエーです。
肌を健やかに保ち、ストレスで過剰に分泌された皮脂をやさしく落としてくれます。

洗顔なのにうるおいは残してくれるのでニキビがストレスの元という人には必需品のスキンケアです。
ノンエーが気になった方は一度使ってみてくださいね。

 

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事