開放的な気分になれる夏なのにニキビがポツポツ。

そのニキビ、夏という季節に関係しているニキビかもしれません。

今回は夏に多いニキビの原因とその対策を紹介します。
今年の夏はニキビの無い、楽しい夏にしましょう!

 

夏にニキビが増える主な理由5つ

夏のニキビの原因、特に気をつけてもらいたい5つを紹介します。

夏は汗が多い

夏場は外に出るだけで汗が出ます。
1日の最高気温が人の体温を超えるような日も珍しくなくじっとしてても汗をかいてしまいます。

 

汗自体は不衛生なものではありませんが、問題なのは汗により雑菌が繁殖してしまうことにあります。
ニキビの原因にはアクネ菌と呼ばれる菌が関わっているのですが、汗や皮脂などが十分にある環境で増殖します。

 

汗をかいて放置しておくことはニキビができやすい状態を放置していることと同じことになります。

 

夏は皮脂の量も多い

汗だけでなく皮脂の量も多いのが夏の特徴です。
どのくらい多いのかというと、一番少ない冬と比べるとなんと2倍も多く分泌されます。

 

皮脂は肌にとって、乾燥を防いだり、外部からの刺激から守ってくれるものですので大切な分泌物です。

 

しかし、一方で多すぎると毛穴を詰まらせる原因にもなってしまいます。
詰まった毛穴の中でアクネ菌が増殖するのでニキビができやすくなります。

 

紫外線が多い

夏は紫外線が強いことも夏にニキビが増える理由の一つです。
UVAやUVBといった紫外線の種類によって肌に与えるダメージも変わってきます。

 

ニキビ以外にもシワやシミ、肌のたるみなど実年齢より老けて見えることになりかねません。
紫外線はニキビのない健康な肌でもダメージを与えてしまいます。

 

肌を乾燥させたり、活性酸素(※)を発生させるので活性酸素が体内で肌の細胞を傷つけてしまいます。
ニキビができているとより深刻なダメージを与えてしまいますので、ニキビがさらに炎症したりニキビ跡が色素沈着したりとトラブルの元です。

 

※ 活性酸素とは?
活性酸素には、体内に入ってきたウィルスや細菌と闘ってくれる頼もしい役割があります。

誰でも活性酸素は持っていて、吸い込んだ酸素の一部も活性酸素になります。

活性酸素は非常に強く、増えすぎると健康な細胞までも傷つけてしまう性質があります。

活性酸素が増えすぎると、肌が酸化=老化につながります。

エアコンの風でニキビが

夏の外はジメジメ、湿度が高く不快な環境でもオフィスの中や飲食店などお店の中は寒いくらいにエアコンがきいています。
エアコンを稼働させればさせるほど、室内の湿度は下がっていきます。

 

また、エアコンの乾いた風が肌に当たることで乾燥してしまいます。
肌のバリア機能の落としてしまうため、帰宅時に外に出れば紫外線が待ち受けています。

 

エアコンの冷えた風は、代謝も悪くすることもニキビの原因になってしまいます。

 

日焼け止めの塗りすぎ

夏に限らず、紫外線のうちUVAは年中降り注いでいますので日焼け止めは大切です。
しかし、日焼け止めも少なからず肌にダメージを与えてしまいます。

 

最近の日焼け止めは、汗にも強いものが多いので落としたと思っていても肌に成分が残っていることもあります。
そうすると、毛穴が詰まりやすくなりニキビの原因になったりします。

 

ニキビや肌荒れの対策として行なっている日焼け止めでニキビができてしまっては本末転倒です。

 

夏のニキビを防ぐための対策

夏のニキビの原因がわかりましたので、それぞれの対策を行いましょう!

汗をかいたらこまめに拭く

汗はかいた時にこまめに拭きましょう。
その際に清潔なハンカチで拭かないと逆に雑菌が肌についてニキビの原因になってしまいます。

 

汗拭きシートなども1枚1枚取り出せて清潔に使用できるのでおすすめです。
ハンカチでも汗拭きシートでも肌をゴシゴシ拭くのではなく、軽く押し当てるようにして汗をとってください。

皮脂の量をコントロールする

夏に増える皮脂ですが、皮脂の量はある程度はコントロールできます。
皮脂の量をコントロールできればニキビができるリスクを減らすことができます。
多すぎる皮脂の原因は、偏った食事生活習慣の乱れ間違ったスキンケアにあります。

 

脂質の多い食事ばかりだと皮脂の分泌量も増えてしまいます。
食事はやはり野菜を中心として、ご飯などの炭水化物、肉や大豆などのタンパク質、脂質をバランスよく取ることが必要です。

 

生活習慣の面では、夜更かしによる睡眠不足、運動不足による代謝不足はニキビの原因です。
睡眠不足は体内のホルモンバランを崩すので皮脂の分泌が活発になります。

 

代謝を上げて血行を良くして健康な肌を維持しましょう。

 

スキンケアは肌をゴシゴシこすると必要な皮脂まで落としてしまいます。
必要な皮脂まで落とすと乾燥の原因になり、体は乾燥に耐えるためにさらに皮脂を分泌するようになります。

 

ニキビを防ぐ正しいスキンケアとは、ニキビ専用のスキンケアを使うことです。
ニキビ専用のスキンケアはニキビなど肌の炎症を抑える成分が含まれていたり、泡立ちがよく肌に負担をかけることなく洗うことができます。

 

夏は特に紫外線で肌がダメージを受けているので泡でやさしく洗顔することは大切なポイントです。

 

紫外線対策として日焼け止めを塗る

有害な紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めは塗っておいた方が後々肌トラブルに悩まされずにすみます。
紫外線の種類である、UVA、UVBを防ぐ目安として、SPFやPA+といった表記があります。

 

有害な紫外線をどれだけ防げるかが数値によってわかるようになっています。
数値が高い、効果が高いものほど皮膚にかかる負担も増していきます。

 

SPF20、PA++くらいまでの数値が記載されているものを選びましょう。
男性は日傘をさすことはあまりないことですが、最近では男性用のおしゃれな日傘も売れてきています。

 

エアコンの風向きを自分に向けない

家庭のエアコンは自分自身で好きなように調整できますが、オフィスのエアコンだと自分だけでは決められないと思います。

しかし、家庭のエアコンでも、オフィスのエアコンでも風向きを自分に向けないようにすることが大切です。

エアコンの風が直接自分に当たらないように風向きを調整しましょう。

 

日焼け止めを落とすときにゴシゴシしない

最近の日焼け止めはウォータープルーフタイプなど汗や湿気に強いものが多いです。
落ちにくいのでついゴシゴシしてしまいがちなのですが、ゴシゴシすることにより肌に必要な皮脂まで奪ってしまいます。

 

日焼け止めを落とすことは大切ですが、ゴシゴシしすぎるのは逆効果です。
日焼け止めや汚れなどをキレイに取れる洗顔を使うことが必要です。

 

まとめ

夏にニキビが増える理由と、その対策を紹介しました。
夏は一年の中でもニキビができやすい条件が揃っています。

 

特に強い紫外線はのちの肌トラブルにもつながるので油断しないで対策することが必要です。
今年の夏はニキビができないように楽しい夏にしましょう!

 

夏のニキビ対策にも『ノンエー』
ニキビ専用洗顔石鹸『ノンエー』はオールシーズン使うことができます。
特に『夏』や『冬』の過酷な環境の場合に力を発揮します。

夏の紫外線で乾燥した肌にも、皮脂が多く分泌した肌にも、どんな肌にも対応できます。
刺激がまったくなくモチモチした泡でやさしく洗うことができます。

ノンエーが気になった方は今年の夏はぜひ使ってニキビ対策をしてみてくださいね。

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事