おつまみとして人気が高いピーナッツ。

チョコレートの中に入っていたり、身近な食品として手に入れやすいですよね。

ピーナッツなどのナッツ類はおやつとして、カバンに入れている人も。

しかし、「ピーナッツを食べるとニキビができる」

こういった情報もあって「ピーナッツが食べたいけど敬遠している」という方もいるのではないでしょうか?

 

今回はピーナッツがニキビの原因になるの?という疑問に答えていきます!

 

ピーナッツがニキビの原因になる言われるのはなぜ?

 

ピーナッツが原因でニキビができると言われているのは、カロリーが高いから脂質が多いからです。

そのため、「ピーナッツを食べるとニキビができる」という情報がよく出回るのです。

 

同じくカロリーが高くて脂質が高いものといえば、ジャンクフードがあります。

ジャンクフードは体に良いことが一つもありません。

 

栄養のバランスも悪く、メリットはお腹がいっぱいになるくらいでしょうか。

ジャンクフードと同じようにカロリーが高く脂質が多いためピーナッツもニキビの原因になると思われてしまっています。

 

また、ピーナッツはそのまま食べられるわけではなく、油が使われていたり塩などで味付けがされています。

ピーナッツ自体がニキビの原因ではなく、味付けに使われている塩やバターなどが原因でピーナッツがニキビの原因にあげられてしまうのです。

 

ピーナッツに含まれるニキビ予防に優れた栄養素

 

ピーナッツには実は多くのニキビ予防に優れた栄養素が詰まっています。

「ピーナッツはニキビができる」という言葉だけを信じずに、実際に含まれている栄養素を知ってみましょう。

 

不飽和脂肪酸

ピーナッツは脂質が多いと言いましたが、ピーナッツの脂質は肉などの脂質とは違います。

ピーナッツに含まれる脂質は、オレイン酸リノール酸という不飽和脂肪酸というものです。

 

不飽和脂肪酸は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす役割があります。

血管を丈夫にし、血液をキレイにしてくれます。

 

血液がキレイだとニキビ予防だけでなく、体全体に良い影響を与えてくれます。

脂質が多いから太りやすい、肌に悪いではなく、良質な脂質なのでむしろ肌にはプラスです!

 

ビタミンE

同じナッツ類のアーモンドと同じように、ビーナッツにもビタミンEが多く含まれています。

 

ビタミンEには高い抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、体の中の活性酸素から細胞を守ってくれる作用のことです。

 

活性酸素は誰でも持っていて、外部からのウィルスなどから体を守ってくれる頼もしい酸素です。

増えすぎると正常な細胞までも攻撃してしまい、細胞を酸化させ老化の原因とも言われています。

ビタミンEで増えすぎた活性酸素を抑えて、細胞(肌)の酸化を防ぎましょう。

 

ビタミンEには血行を促進する効果もあります。

不飽和脂肪酸とビタミンEの相乗効果で健康な肌を目指しましょう。

 

ポリフェノールの一種:レスベラトロール

口に出して読むと噛んでしまいそうな、ポリフェノールの一種である、レスベラトロール

ピーナッツでは薄皮に多く含まれています。

 

レスベラトロールには美肌、健康、様々な良い効果があることがわかっています。

抗酸化作用認知症の予防脳卒中の予防などがその代表です。

 

レスベラトロールの抗酸化作用はポリフェノールの中でも最も高いと言われています。

ピーナッツの皮を捨てていると、レスベラトロールの効果を捨てていることになりもったいないことです。

ピーナッツはぜひ皮付きで食べるようにしましょう。

 

ニキビ予防のためにピーナッツを選ぶ際のポイント

 

美容目的でピーナッツを食べるのなら、素焼きと言われるピーナッツ本来の味が楽しめるものを選びましょう。

最初のうちは塩などで味付けされたピーナッツの方が食べ慣れているため美味しく感じるかもしれません。

それでもすぐに素焼きのピーナッツの美味しさに慣れてクセになる味です。

 

ピーナッツの栄養素でも紹介した、薄皮付きのピーナッツ。

最強ポリフェノール『レスベラトロール』の効果を十分に取り入れましょう。

 

ピーナッツを購入する際に、大パックで購入する場合は、ピーナッツが酸化しないように注意してあげてください。

不飽和脂肪酸も酸化してしまえば本来の美味しさも栄養も落ちてしまいます。

 

食べる分だけ、小分けにできるビニールパックなどに入れて残りは冷蔵庫などの冷暗所に入れておきましょう。

そして毎日少量ずつ、なるべく早めに食べ切りましょう。

 

大切なことは継続することです!
残念ながらピーナッツを食べたからといってすぐに美肌効果が出るわけではありません。

 

ピーナッツを食べる時の注意点

 

ピーナッツがいくら栄養価に優れていても食べ過ぎると体にとってはよくありません。

太りにくい脂質といってもカロリーも高いので適量が好ましいです。

 

具体的には、一日に20〜30粒程度にとどめましょう。

それ以上は食べないようにあらかじめ小分けしたパックに一日分だけ入れておきましょう。

 

ナッツ類にアレルギーがある人はピーナッツを絶対に食べないでください。

最悪の場合、死に至ることもあるので少量でも絶対に控えてください。

 

まとめ

 

ピーナッツの栄養素、選び方のポイント、注意点などを紹介しました。

ピーナッツに含まれる脂質は良質な脂質なので、適量を美味しくいただきましょう。

 

アメリカでは、ハリウッド女優さんもピーナッツバターを美容やダイエット目的で食べているほどピーナッツはセレブ御用達の食品です。

素焼きのピーナッツを一日20粒〜30粒継続して取り入れていきましょう。

 

ピーナッツで良質な脂質を取り入れたら

 

ピーナッツに含まれる脂質は良質な脂質です。

脂質は、炭水化物、タンパク質と同じく必須栄養素です。

 

必ず摂らなければいけない栄養素だからこそ質の良いものを摂りましょう。

そうすることで、体の内側から肌に良い影響を与えてニキビ予防になります。

 

スキンケアの効果もアップして、より効果が期待できます。

質の良いスキンケアも効果が発揮され、肌の内と外の両方から有効なニキビ対策ができます。

 

私がおすすめしているのが、ニキビ専用洗顔石鹸『ノンエーという商品です。

ニキビ対策に特化したスキンケアですのでニキビに悩む方に最適のスキンケアです。

 

ピーナッツの良質な脂質と、ノンエーのうるおい成分で、肌が乾燥知らずのしっとりお肌に!

ノンエーが気になった方はぜひ一度使ってみてくださいね。

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事