ドラッグストアなどで手軽に購入できるワセリン

有名なもので言えば『ヴァセリン』などがあります。

 

ワセリンは石油を精製して作られています。

石油からできていると聞くと不安になると思いますが、精製されているので不純物が取り除かれています。

 

皮膚科でもワセリンは処方されるほど安全性は高いものです。

肌への負担が少ないので保湿剤として使われることがあります。

 

今回はワセリンの効果や使い方を紹介します!

 

 

ワセリンはニキビにどんな効果がある?

ワセリンはどんな方におすすめできるかというと、乾燥肌の方、オイリー肌と乾燥肌の両方持ち合わせている混合肌の方です。

ワセリンは安価ですがニキビに、肌に主にこんな効果があります!

ワセリンは肌の水分の蒸発を防ぐ

乾燥肌の方や、肌の一部が乾燥してしまう方は水分が蒸発しているためです。

肌の水分量が減って乾燥してしまうと、外部からの刺激に肌が負けてしまいニキビなど肌荒れの原因にも。

肌の乾燥は余計な皮脂の分泌も促してしまうので、毛穴の詰まりにつながりこれもニキビの原因です。

 

ワセリンを塗ると、肌の表面に薄い膜を作った状態となるため水分の蒸発を防ぐことができます。

肌の水分量が適切に保たれると、外部からの刺激から肌を守るバリア機能が保たれます。

 

ワセリンは肌に浸透するものではないため、化粧水やクリームのように水分を与えることはありません。

安全性が高く副作用の心配などがほとんどないため、安心して使用できます。

 

ワセリンの使い方

ワセリンの使い方は洗顔後、保湿をしてから塗りましょう。

化粧水などで保湿をした後に、ワセリンでフタをして保湿成分を閉じ込めます。

 

たくさん塗る必要はありません、塗りすぎに注意です!!

またワセリンは化粧水とは違い、肌に浸透はしないので塗りすぎるとベタベタしてしまい、ゴミやホコリが付着しやすくなります。

 

ゴミが付着するとニキビの原因となってしまうので注意しましょう。

乾燥が気になるところに薄く指で伸ばして使用しましょう。

 

余分なワセリンは清潔なティッシュでやさしく拭き取るようにしましょう。
塗りすぎに注意ですよ!

 

ワセリンにも種類がある

現在市販されているワセリンには、種類があります。

白色ワセリン黄色ワセリンなど、違いはワセリンに含まれる純度の違いによるものです。

 

石油から精製したワセリンには不純物が混じります。

精製を繰り返すことで質も向上し価格にも差が出ます。

 

また、香料などの添加物が含まれているワセリンや余計なものは一切入っていないワセリンがあります。

白色ワセリン、黄色ワセリンのそれぞれの特徴を紹介します。

白色ワセリン

白色ワセリンは黄色ワセリンをさらに精製し、不純物を取り除いたワセリンです。

そのため、見た目は白いクリームとジェルの間のような色をしています。

 

第3類医薬品に該当する白色ワセリンとそうではない白色ワセリンがあります。

これはワセリンに含まれる成分の違いによるものです。

初めて第3類医薬品に該当するワセリンを購入する時は薬剤師がいるところで購入するのが良いでしょう。

 

安全性の高いワセリン

白色ワセリンの中でもさらに安全性が高いと言われているのが、プロペトサンホワイトという白色ワセリンです。

白色ワセリンの一種ですが、白色ワセリンからさらに不純物を取り除いたワセリンであるため、安全性が高く赤ちゃんにも使用できます。

 

通常の白色ワセリンの2〜3倍の値段がしますが、より安全なワセリンを求めているならプロペトかサンホワイトがおすすめです。

特に目の周りなどデリケートな部分に使用したい方はプロペトかサンホワイトを選びましょう。

 

敏感肌の人は肌が刺激に弱いので白色ワセリンの中でもプロペトかサンホワイトを選び、それでもかぶれなどが発生した場合は使用を中止しましょう。

プロペトとサンホワイトではサンホワイトの方が低刺激です。

 

黄色ワセリン

白色ワセリンよりはグレードの低いワセリンです。

ワセリンでは一番有名なヴァセリンが該当します。

見た目が薄い黄色をしています。

 

白色ワセリンより不純物が多いので、中には刺激を感じる人もいるかもしれません。

肌が弱い人は顔よりは体に使用する方がいいかもしれません。

大容量でリーズナブルな値段ですので、気兼ねなく使用することができます。

 

ワセリンでニキビが悪化することはある?

ワセリンは安全性が高いものですが、使い方を誤るとニキビの原因にもなります。

「ワセリンがニキビに効く!」というような口コミも見かけますが、ワセリンは油分なのでニキビを治すものではありません。

ニキビには塗らない

ニキビができている肌や、乾燥に悩んでいない肌にワセリンは付けないでください。

ワセリンにより、肌の表面に油分が増えるので毛穴を詰まらせてしまう原因です。

ニキビを悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

乾燥に悩んでいない肌にワセリンは不要です。

普通肌や、オイリー肌にワセリンを付けると毛穴の詰まりの原因となりニキビができてしまうこともあります。

 

ワセリンの酸化に注意

ワセリンは開封後から酸化が始まります。

開封後はなるべく早く使い切りましょう。

 

大容量の方がg単位では安くなりますが、その分使い終わりのワセリンは酸化しています。

大容量タイプを購入するなら、100均などで小さなケースを購入しワセリンを移してましょう。

本体の開閉の回数を減らせ、空気と触れる回数が少ないので酸化を抑えることができます。

 

ワセリンとオロナインの違いは?

ワセリンとオロナインの違いはオロナインには殺菌成分が含まれています。

ワセリンは保湿剤なので殺菌成分は含まれていません。

 

ワセリンはニキビには使えませんが、オロナインはニキビに使うことができます。

ワセリンを間違ってニキビに塗ってしまわないように注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

身近な保湿剤、ワセリンを紹介しました。

乾燥肌や、混合肌で乾燥してしまうことがある方は、ぜひワセリンを試してみてください。

そして顔に使用するのなら、なるべく白色ワセリンを使用しましょう。

 

肌の乾燥に悩んでいる方におすすめのスキンケア

 

ワセリンの使用をおすすめするのは、乾燥肌の方、混合肌で肌の一部乾燥に悩む方です。

肌の乾燥は、毎日のスキンケアで解決できます。

 

私がおすすめするのは、ニキビ専用洗顔石鹸『ノンエーです。

肌が乾燥してしまうのは、洗顔の際に汚れと同時にうるおいも落としてしまっているからです。

 

ノンエーなら、汚れはしっかりと落としますがうるおいを与えてくれます。

その秘密は、ヒアルロン酸リピジュアローヤルゼリーなどの保湿成分です。

 

洗い上がりの肌は今までのスキンケアとはまったく違った質感です。

うるおいが残るスキンケアなのでワセリンの使用も減らすことができます。

肌の乾燥に悩む人は、ぜひ一度使ってみてくださいね!

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事