どんなに注意していてもニキビはできてしまうもの。

できてしまったニキビは後悔しても治りません。

後悔している時間はありません、悪化させないためのニキビ手入れを始めなくてはいけません。

 

今回はニキビができた時の手入れの方法を紹介します。
ニキビができても肌の手入れをしっかりして、悪化と再発を防ぎましょう!

 

 

ニキビの手入れの方法はどうすれば良いの?

ニキビができてしまった時の手入れの方法を確認しましょう。

洗顔時は手では直接こすらない

ニキビができている時も洗顔は必要です。

ですが、洗顔時に手でニキビをこすると刺激を与えてしまいます。

 

私も最初はよくわからずに、ただ肌をキレイにすればいいんだと勘違いしてゴシゴシこすってしまっていました💦💦

今思えばなんて恐ろしいことをしていたんだと思います。

ニキビが悪化したり、膿んでいるニキビは破れて膿が出てきてしまいます。

 

解決方法

洗顔時には手ではなく泡で洗うイメージで洗顔するようにしましょう。

泡立ちの良い洗顔料を選ぶこともポイントです。

 

洗顔料は刺激の少ないものを選ぶ

ニキビはできている時の肌はダメージを受けてます。

毎日使う洗顔料によって肌が受けるダメージは変わってきます。

 

洗顔料一つでニキビが悪化することもあります。

ドラッグストアで数百円で購入できる洗顔料には、合成界面活性剤と呼ばれる成分が使用されています。

洗剤などにも含まれている成分で、洗浄力が強いのが特徴ですが実は肌にはあまりよくありません。

 

解決方法

値段が少し高くても、肌にやさしい成分が含まれている洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

ニキビを潰さない

ニキビを潰すと早く治るからという理由で潰してはいけません。

ニキビを潰す時に、ツメなどで力が加わって肌にダメージを与えてしまいます。

 

ニキビが治ったとしてもニキビ跡の原因になります。

潰した時に雑菌が中に入ってしまうと、炎症がひどくなりニキビが悪化してしまうこともあります。

 

 

解決方法

ニキビを潰したくなった時は、皮膚科にて医師により処置をしてもらいましょう。

セルフでの手入れはニキビ悪化の原因です。

 

ニキビにカミソリは厳禁

身だしなみとして、ヒゲを剃る時にニキビに刃を当ててはいけません。

ニキビにより肌の表面がダメージを受けているので、カミソリの刃によりニキビが破れてしまいます。

 

解決方法

ニキビ周辺には刃を走らせないようにしましょう。

ニキビ周辺のヒゲは、眉毛用などの先端がコンパクトなハサミで切ってください。

深ぞりと比べると、ヒゲが残ってしまいますが肌を傷つけないのでニキビ跡のリスクを減らせます。

 

保湿時もニキビに触れるのは最小限で

ニキビがある時も保湿によるお手入れは必要です。

洗顔時と同じように、触りすぎると悪化の原因になってしまいます。

ニキビのある箇所はサッとなじませて必要以上に触れないようにしましょう。

 

解決方法

マスクタイプを使用すると、ニキビに触れることなく手入れをすることができます。

マスクを貼ったまま、家事やテレビ、スマホがみれるので化粧水を浸透させるのに時間を取られたくない人には最適です。

 

 

ニキビケアクリームを塗る

ニキビ用のケアクリームが各社販売されています。

抗炎症成分や殺菌成分が含まれていますので、洗顔後のニキビの手入れの最後に塗りましょう。

塗る時は滅菌された綿棒などで塗ることをおすすめします。

 

生活習慣を正すことがニキビに対する最大の手入れ

 

スキンケアからニキビの手入れをすることはもちろん大切なことです。

しかし、ニキビができるということは、スキンケアだけでなく生活習慣も乱れているからです。

 

ニキビは乱れた生活習慣を知らせてくれるサインでもあります。

つまり、規則正しい生活習慣が最大のニキビの手入れになります。

 

スキンケアが外側からの手入れだとすれば、規則正しい生活習慣は内側からの手入れと言えます。

ニキビができない規則正しい生活習慣とはどんな習慣か、確認しましょう。

 

どんな高価なスキンケアを使用していても、生活習慣が乱れていては効果がありません。
高品質なスキンケアに含まれる成分の力を発揮するためにも、規則正しい生活習慣を送りましょう!

 

バランスの取れた食事

炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、食物繊維をバランスよく摂取することが必要です。

ニキビができるのは、摂取している栄養素のバランスが崩れているからです。

食事は野菜(ビタミン、食物繊維)を中心に、ご飯(炭水化物)、肉類(脂質、タンパク質)を取るようにしましょう。

 

十分な睡眠

睡眠不足は肌荒れに直結します。

人は睡眠中に傷ついた細胞を修復し、新しい皮膚を作ります。

 

睡眠不足になると、肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に行われなくなります。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が残ったままとなり毛穴詰まりを起こしニキビとなってしまいます。

 

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質にもこだわり十分な睡眠を取りましょう。

適正な睡眠時間は人により様々です。

6時間で十分な人もいれば、8時間必要な人もいます。

 

ダラダラと寝るのではなく、スッキリと目覚めることができる時間が適正な睡眠時間です。

 

ストレスの発散

現代社会ではストレスは切っても切れないものです。

ストレスは上手に発散できるようにしましょう。

 

ストレスを発散させるには、体を動かすことが最も効果的です。

運動する時間も無いという人は、音楽鑑賞などリラックスできる時間を作りましょう。

 

ニキビ予防、ニキビができてしまった時に最適なスキンケア

ニキビ予防には、ニキビ専用のスキンケアを使用することが必要です。

ニキビができてしまった時もニキビ専用のスキンケアを使用しましょう。

 

ニキビができにくいように肌をケアしてくれ、ニキビの悪化も防ぐことができます。

管理人の私が使っているのは、ニキビ専用洗顔石鹸ノンエーという商品です。

 

泡立ちがいいので肌をゴシゴシとこする必要がありません。

モチモチとした弾力のある泡がやさしく汚れと皮脂を落としてくれます。

 

気になる洗い上がりもまったくつっぱることがありません。

秘密はノンエーには保湿成分として、ヒアルロン酸リピジュアなどが含まれているためです。

 

洗顔しながら、ニキビ対策やニキビケアができる石鹸です!

ノンエーが気になった方はぜひ一度使ってみてくださいね。

まとめ

ニキビができた時の手入れの方法を紹介しました。

ニキビができた時はいつもより慎重に丁寧にスキンケアを行いましょう。

そして、ニキビができないような生活習慣を行い健康的な素肌を内と外で作っていきましょう。

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事