通常スキンケアとは、洗顔と保湿です。

保湿は基本的に、化粧水と乳液で行います。

 

乳液には化粧水で補った水分を蒸発させないようにフタをする役割があります。

乾燥肌の人などは、皮脂の分泌が少ないので皮脂の代わりとなり肌に滑らかさを与えてくれるものです。

 

しかし、人によっては乳液が原因となりニキビができたり、悪化してしまうことがあります。

 

せっかくニキビ対策のために乳液まで使ってケアをしているのに、ニキビが悪化してしまう原因を紹介したいと思います。
本当に乳液が必要なのかどうかも含めて紹介していきますよ〜!

 

乳液でニキビができたり、悪化する原因とは?

乳液がなぜニキビにつながるのか、悪化してしまうのかその原因を知っておきましょう。

オイルが含まれている

乳液に含まれるオイルがニキビの原因になったり場合によっては悪化の原因にもなります。

皮脂はニキビの原因菌アクネ菌のエサとなるので、乳液にオイルが含まれているとアクネ菌が増えてしまうことがあります。

 

乳液を塗るときに触れてしまっている

乳液を塗るときに浸透させようと過剰に触れてしまうとニキビに刺激となってしまいます。

ニキビができているときには極力刺激を与えないように注意してください。

 

単純に乳液が浸透できていない

乳液が角質層に浸透できていないために効果が発揮できていないことがあります。

この場合は、乳液が原因というよりは、別の原因でのニキビになります。

乳液が浸透しないのは、乳液のタイプが自分の肌質に合っていなかったり、古い角質層が残っているためです。

 

なぜ古い角質層が残るのかというと、肌のターンオーバーが乱れているためです。

ターンオーバーが乱れるのは、主に生活習慣や睡眠不足、間違ったスキンケアが原因です。

 

ターンオーバーが乱れ本来なら正常に剥がれ落ちる角質が残ったままとなり、乳液が浸透できなくなります。

 

ターンオーバーの乱れは毛穴のつまりも引き起こします。
乳液をしっかりと浸透させるためにも、ターンオーバーの乱れに注意しましょう!

 

乳液でニキビができる、ニキビが悪化することを防ぐには?

 乳液もただ付ければ良いというわけではありません。

ニキビの悪化につながらないように以下の点を注意してみてくださいね!

ノンコメドジェニックのものを選ぶ

『ノンコメドジェニック』をわかりやすくいうと、ニキビの原因になるような成分が含まれていないものになります。

ニキビができないというわけではなく、ニキビができにくいということです。

 

通常乳液にはオイル成分が含まれています。

これが乳液がヌルヌルしたり、ベタベタしてしまう原因になるわけです。

この油性の成分がニキビの原因菌であるアクネ菌のエサになります。

 

ノンコメドジェニックの乳液ならその心配は不要です。

乳液がニキビの原因や悪化につながることを防ぐことができます。

 

塗りすぎない

乳液をたくさん塗れば効果が高いのかというとそうではありません。

規定量を守らずたくさん塗っても、肌に浸透できずベタベタし汚れがつきやすくなります。

 

乳液を肌に浸透させるためには、少量を数回に分けて塗ることです。

一度に塗ろうとしても浸透しにくいので少しずつ塗りましょう。

 

使用感のいいものを選ぶ

乳液にも様々なタイプがあります。

しっとりとしたタイプやサラサラしたタイプなど様々です。

 

自分の肌質に合った乳液を使用しないと効果が期待できません。

乾燥肌の人はしっとりタイプを、オイリー肌の人はサラサラタイプを使用しましょう。

 

乾燥肌とオイリー肌が顔の部分によって混在している混合肌の場合は、乳液のタイプを使い分けるのも効果的です。

 

セラミドは、天然保湿因子と呼ばれる保湿成分の一種です。

4種類あるセラミドの中でも、ヒト型セラミド配合の乳液は肌に浸透しやすく保湿力が高いのでおすすめですよ〜!

 

乳液はどうしても必要なもの?

オイリー肌の人にとって乳液は本当に必要なものなのかというと、そうではありません。

化粧水だけでしっかりと保湿できていて、乳液をつけてもベタベタしてしまう場合は乳液の使用を控えても大丈夫です。

 

また、季節によって冬は空気中が乾燥しているので乳液を使用する、夏は控えるという使い方もあります。

乾燥肌の人は化粧水だけでは保湿できないことがあるので乳液を使って保湿することは効果的です。

 

まとめ

乳液でニキビができたり、悪化してしまう原因とその対策を紹介しました。

乳液は使い方を間違わなければ、しっかりと保湿に効果があります。

乳液の効果をしっかりと高めるためにも生活習慣やスキンケアを正してターンオーバーを整えましょう!

 

ターンオーバーが正常だと、化粧水、乳液でしっかりと保湿ができるのでニキビができにくい肌になりますよ!

 

洗顔なのにうるおうスキンケア

 

ニキビの原因は肌の乾燥による皮脂の過剰分泌です。

乾燥は洗顔した時から始まります。

 

洗顔なのに肌がうるおうスキンケアがあります。

ニキビ専用洗顔石鹸ノンエーは洗顔なのに肌がうるおいます。

 

その秘密はヒアルロン酸リピジュアといった保湿成分にあります。

セラミドと同じく私たちが元々持っている成分なのでしっかりと角質層に浸透します。

 

洗顔しながら保湿もできるスキンケア、ノンエー

ニキビに悩む人は、ぜひ一度使ってみてくださいね!

 

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事