ニキビの中でも気分が落ち込む赤ニキビ

炎症により赤く目立つし、肌もボコついて痛みもあって対処に困りますよね。

今回は赤ニキビの要因と、炎症がひどくなるなる前に対処する方法を紹介します!
早めに対処して、ニキビは小さな内に治してしまいましょう。

 

赤ニキビにまでなってしまう要因とは

ニキビと自分自身が認識するのは、大抵赤ニキビにまでなってからです。
赤ニキビまでにニキビが進行するのにはいくつかの段階を踏まなければなりません。

 

ニキビは、最初は白ニキビや黒ニキビなどの毛穴が詰まりから始まります。
毛穴が詰まるだけでは、ニキビはニキビでもダメージはほとんどありません。

 

毛穴が詰まった状態が続くのが悪いのです。

 

白ニキビや黒ニキビで詰まった毛穴の中で、アクネ菌が増殖します。
アクネ菌はニキビの原因になる菌ですが、普段から私たちの肌に存在している常在菌と言われる菌です。

 

アクネ菌は酸素が嫌いなので詰まった毛穴の中というのは絶好の環境なのです。
毛穴には皮脂を分泌する、皮脂腺がつながっています。

 

アクネ菌はその皮脂をエサにします。
詰まった毛穴の中で酸素から遮断され、皮脂という豊富なエサがある環境で爆発的に増殖します。

 

その増殖したアクネ菌が炎症を引き起こし、赤く目立つ赤ニキビが出来上がります。

 

赤ニキビになった時の対処の仕方は?

赤ニキビはすでに炎症がひどくなっている状態です。
対処の仕方を間違えたり、炎症が進むと膿が溜まる黄ニキビになります。

 

大前提ですが、必要以上に触らない、これがなによりも大切です。

 

赤ニキビや黄ニキビは肌の真皮層と呼ばれる部分にまで炎症してしまっているのでニキビ跡のリスクも高まります。
赤ニキビでも症状を進行させない、早めに治すために行動することが重要です。

 

赤ニキビまで症状が進行した場合には以下に注意してみてくださいね。

清潔に保つ

ニキビができるの理由の一つに肌が不衛生になっている可能性があります。
皮脂や汗、雑菌を洗顔などで清潔に保たなければいけません。

スキンケアにもポイントがあります。
正しいスキンケアをしないとニキビに刺激を与えてしまい悪化の要因となるからです。

正しいスキンケアとは、刺激の少ない洗顔料を使い、指でではなく泡でやさしく洗うことです。

 

保湿をする

皮膚の乾燥も皮脂が余分に分泌されるのでニキビの悪化の要因です。

スキンケア時の保湿不足やエアコンなどの風から皮膚を守るためにも保湿は大切です。

 

紫外線対策をする

赤ニキビができた肌は通常の状態よりもかなり弱っています。
紫外線により細胞が壊されたり、乾燥したりと与えるダメージは深刻です。

紫外線は弱った肌にはさらに負担となり赤ニキビを悪化させます。
赤ニキビをさらに悪化させないために紫外線を避けるか、UVクリームで保護しましょう。

 

市販のニキビ用クリームを塗る

ドラッグストアなどで販売されているニキビ用のクリームも効果があります。
白ニキビや黒ニキビといった毛穴が詰まるだけの初期段階の時は効果がありませんが、炎症した赤ニキビには効果があります。

殺菌成分や消炎成分が配合されているので、洗顔後などの清潔な肌に記載されている用法と容量を守って使用しましょう。
市販されているものは含まれている成分に大きな差はないので使用感が良いものを選ぶと良いでしょう。

 

食事に気を使う

赤ニキビまで進行したニキビをさらに炎症させないために食事の面からも気を使いましょう。
特に脂質が多い肉や天ぷらやフライなどの油を多く使ってある食品は皮脂の過剰分泌になるので避けましょう。

皮膚の健康にはビタミン、肌を作るにはタンパク質の摂取が重要です。
アルコールはニキビを悪化させる要因にもなりますので赤ニキビができた時は控えた方がいいでしょう。

ターンオーバーを整える

皮膚の表面の角質層は時間をかけて剥がれ落ち、新しい角質層が皮膚の奥から押しあがってきます。
約28日間のサイクルで行われるこれをターンオーバーといいます。
ターンオーバーが乱れると、古い角質は残ったままとなり毛穴が詰まりやすくなります。
ターンオーバーを整えるには、生活習慣やスキンケアが密接に関係しています。
睡眠不足により新しい皮膚が作られなかったり、傷ついた細胞が修復されなくなります。
つまりニキビができても、皮膚の細胞が修復されなくなるので悪化する原因になります。
運動不足で代謝が落ちるのもターンオーバーが乱れる理由の一つです。
スキンケアは上で述べたように、刺激の少ないスキンケアで指ではなく泡で洗うこと。
洗顔後は保湿を行うことです。
良い生活習慣とは、質の良い睡眠適度な運動バランスのとれた食事です。
ターンオーバーを整えることによりニキビの悪化を防ぐことができます。

皮膚科を受診する

自分自身で行うケア(セルフケア)で赤ニキビが治らない、悪化する時には皮膚科を受診するのも方法の一つです。

ニキビは皮膚の疾患の一つです。

皮膚科を受診して適切な診療を受けることで早く治すことができます。

 

まとめ

赤ニキビの原因と対処の仕方を紹介しました。
赤ニキビまでニキビが悪化すると、治すのにも苦労します。

 

赤ニキビまで症状を進行させないように普段の生活習慣をスキンケアから少しずつ改善していきましょう。
普段タバコを吸われる方は、タバコを吸うことによって体内のビタミンCが大量に消費されてしまいます。
ビタミンCは肌のハリに必要な栄養素です。

 

嗜好品なので完全にやめるということは難しいと思いますが、赤ニキビができたときは本数を減らすなど改善をしてみてください。

 

赤ニキビに刺激を与えないスキンケア
赤ニキビは刺激を与えると、余計にひどくなります。
私も使っている、ニキビ用洗顔石鹸『ノンエーは肌に刺激を与えずにニキビ対策ができます。

泡立ちも市販の洗顔料よりもバツグンで、指ではなく泡で洗うことができる洗顔石鹸です。

直接ニキビに触れることが減ったので悪化を防ぐことができています。
刺激となる成分が入っていないのもニキビ専用洗顔石鹸ならではです。
ノンエーが気になった方はぜひ一度使ってみてください。
他の洗顔料との違いを感じることができますよ!
大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事