ニキビの対処として針で潰すっていうのをみたけど問題ないの?

針で潰すことに危険はないの?

ニキビは病院に行かず自分で潰すことができますが、潰すことのリスクが高い作業です。
今回はニキビを針で潰すことのメリット、デメリット、自分でやる時の手順を詳しく紹介します。

 

ニキビを自分で潰す際は自己の責任において行ってください。
また、他人のニキビを潰す行為はのちにトラブルの原因となりますので行わないでください。

 

 

ニキビは針で潰す対処法もある

ニキビは膨らんでいるため、気になってしまいつい潰したくなるものです。
中にはいつも指や爪で潰している人もいるかもしれません。

 

しかし、指や爪で潰すやり方は絶対にNGです。
というのも、このやり方だと乱暴にニキビを潰してしまい、むしろ悪化する可能性が高いからです。

 

悪化した場合、感染した雑菌が他の組織に広がったり、目立つ跡が残ったりします。
前者は最悪の場合、臓器不全や死に至ることもありますし、後者は見た目を著しく損ないます。

 

正しいニキビの潰し方は針を用いる方法です。医療機関でニキビを治療する場合も、針を使って潰すことが多いです。
しかし、自宅で行う方法もあります。

 

ニキビを針で潰すメリットは?

ニキビを針で潰すメリットは、ニキビの中に溜まった膿や皮脂をキレイに出せることです。
初期症状である白いニキビの時に雑菌が増殖すると赤いニキビになります。

 

この赤いニキビがさらに進行すると膿が溜まった状態の黄色いニキビに姿を変えます。

 

なぜ膿が溜まるかというと、雑菌と戦って死んだ白血球が膿となって、倒した雑菌とともに蓄積するからです。
膿んだニキビの中身が自然に吸収されるのを待つより膿は出した方が治りが早くなるので、針で潰すことでニキビをスムーズに治すことができます。

 

また皮脂はニキビを発症させる原因です。
ニキビができている部位は毛穴に皮脂が詰まって雑菌が増殖しやすい環境がつくられているため、皮脂もなるべく出した方がいいわけです。

 

針でニキビを潰し、毛穴に詰まった皮脂を綺麗に出すことができれば、一旦治ったニキビが再発するリスクも低くなります。

 

他にも、メリットとしてうっかり潰してしまうことがなくなるので肌にとってメリットとなる場合もあります。

 

ニキビを針で潰すことにはデメリットもある

ニキビを針で潰すことのデメリットですが、たとえば自分で処置する場合失敗の可能性があることがあげられます。
やはり医療機関での処置と比べると器具や技術が劣ったり、鏡を見ながらの作業なのでキレイにニキビを潰せないことも十分にありえます。

 

そして綺麗に潰せなかった場合、何もしない方が良かったという事態になりかねません。
このデメリットは、もちろん医療機関で処置を受ける場合は関係のないことです。

 

医療従事者はやはりプロなので、素人が自分で行うよりもずっとうまく針を扱ってくれます。
ただし、針でニキビをうまく潰せたからといって、確実にキレイに治る保証があるわけではないということも理解しておく必要があります。

 

ニキビは一度なった時点で再発や跡が残るリスクがあるものなので、最終的に綺麗に治るかどうかはその時次第です。
それからニキビは症状の進行度によっては触れるだけで痛いですし、針を刺す場合、当然それだけでも痛みがともないます。

 

膿が溜まるニキビまでになっているということは肌の真皮と呼ばれる部分まで傷がついている可能性が高いためニキビ跡になりやすいのです。

 

針で刺す時に多かれ少なかれ痛みを感じるという点もニキビを針で潰すことのデメリットといえるでしょう。

 

ニキビを針で潰す際の手順

手洗い、洗顔で肌を清潔にする

これから潰すニキビに孔を開けるので、細菌が入ってしまうことがあります。

リスクを最小限にするために、ニキビが発生している顔、作業する手をキレイにしてください。

これは病院でも基本として行われることです。

 

針を刺す場所を決めます

膿の溜まった場所に針を刺す必要があるので、潰したいニキビの黄色い部分をよく確認します(黄色い部分がないニキビは潰してはいけません)。

白ニキビや黒ニキビは毛穴が詰まっているのみで炎症もしていません。

赤いニキビは炎症中であり、これらは潰して良いニキビにあたりません。

 

針を殺菌する

針は清潔なものを使い、刺す直前に消毒液を含ませた滅菌ガーゼで拭きます。

針を刺す部分にも滅菌ガーゼに消毒液を含ませたもので拭いてください。

滅菌した後は使用前までに手で触ったり、テーブルの上に置いたりしないでください。

 

実際に刺します

その針をニキビの黄色い部分に1mmほど刺します。

膿の出口を作るのが目的なので、深く刺し過ぎないように注意します。

深く刺すと地肌を傷つけてしまいます。

 

膿を出す

指の腹を使ってニキビの周囲を軽く押し、やさしく膿を押し出していきます。
上半分くらいの膿が出たらOKです。

後は抗生剤の塗り薬を塗っておき、治るまで触らないようにします。
膿を全部出さないのは、膿を全部出そうとするとニキビの中にある細菌が溜まった袋が破れてしまうことがあるからです。

この袋が破れるとむしろニキビが悪化する可能性があります。

ニキビを針で潰す時のコツはあくまでもニキビの膨らんだ表面部分を処置することで、皮膚の奥の部分にまで影響がいかないようにすることが大切です。
皮膚の奥の部分まで潰そうとすると、炎症が広がってひどい跡が残りやすくなります。

潰した後の赤みはしばらくすれば消えます。

 

まとめ

ニキビを針で潰すメリット、デメリット、手順を紹介しました。
一つ一つの作業を丁寧に行えば難しいことではありません。

 

しかし作業が不安で上手くできる自信がない場合は、やめておいた方がいいでしょう。
潰さなくても時間はかかりますが人の自然治癒力により治ります。

 

ニキビができないように日々の生活習慣を見直しましょう。

 

ニキビに膿が溜まるまで悪化させないことが大切
ニキビが膿んでしまうのは、スキンケアがうまくいっていなかったり、生活習慣が悪かったりと様々です。

ニキビ専用洗顔石鹸『ノンエーはニキビができた肌でもモチモチした泡でやさしく洗うことができます。

ニキビに刺激を与えることがないので、悪化するリスクも減らせます。

興味のある方はぜひ一度使って見てくださいね。

 

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事