コメドってたまに聞くけど角栓のこと?

コメドを角栓だと思ってしまっている方もいますが、厳密にいうとコメドと角栓は違います。

今回はコメドについて詳しく紹介し、コメドの扱い方も併せて紹介します。

 

コメドってなに?角栓との違いは?

コメドとは小鼻や頬などにできることが多い、毛穴から少しだけ顔を出している白くて小さいブツブツのことを言います。

 

日本語で『面ぽう』と呼ばれることもあります。
面ぽうと呼ばれるため、コメドはニキビの一種です。

 

毛穴の中の皮脂や角質が固まって毛穴につまってしまった状態です。
毛穴につまっているだけならそれほど目立たず、深刻な状態とまでは言えません。

 

なお、英語圏ではニキビのことをcomedo(コメド)と呼んでいますが、日本語ではコメドをニキビの初期段階と位置付けています。

 

コメドには色々な種類があります。

 

白いコメドは毛穴に皮脂などがつまっている状態ではありますが、まだ赤ニキビなどのようには炎症を起こしていません。
白ニキビなどと呼ばれているものがそれにあたります。

 

本来はこれらの皮脂等は毛穴の外に出されるべき物です。
しかし、毛穴の内部で固形状になってしまい毛穴から出ることができなくなってしまっているのです。
こうなると、皮膚の表面の毛穴が白っぽい色になってしまい、見たときに白くブツブツが出ているように見えるのです。

 

白いコメドとは対照的に黒いコメドもあります。
これはコメドが空気中の酸素により酸化し黒くなったものです。

 

黒ニキビと呼ばれ、ホクロのようにポツポツと白ニキビより目立ちます。

 

適切にケアしないと今後大きなニキビに進行してしまう可能性があります。

 

微細コメドは目で見てはっきり分かる大きさではないものの今後白コメドになる可能性が高い、毛穴の小さなつまりのことを言います。
このまま毛穴の中がつまった状態が続いてしまうと、白いコメドへと進行してしまう可能性があります。

 

コメドと角栓の違いはコメドはすでにニキビとしての症状のことを指します。
角栓は拡がった毛穴に汚れや剥がれた角質の栓=角栓そのものです。

 

コメドができる原因はなに?

コメドができてしまう原因に、肌の乾燥が挙げられます。
肌が乾燥すると、皮膚表面が硬くなり、さらに毛穴から皮脂を分泌しやすくもなります。

 

そのため毛穴に皮脂がつまり、コメドができてしまうのです。
このコメドにアクネ菌という細菌が付着すると、やがてニキビへと進行してしまいます。

 

脂肪分がたくさん含まれている食べ物、例えば揚げ物や肉の脂身などを食べると皮脂の分泌も増えますのでコメドができやすくなります。

 

コメドは洗顔時に詰まっていたものが取れることがあります。
洗顔後に化粧水を使わずにそのままにしておくと毛穴が拡がったままとなり汚れがたまり、再度コメドとなります。

 

コメドの段階では、まだ炎症や痛みは起きていません。
しかし、今後ニキビに発展する可能性があります。

 

そのため、コメドはニキビの初期段階と言われているのです。

 

コメドをなくすにはどうすれば良い?

コメドをなくす方法はニキビ対策の方法と基本的に同じです。
ニキビ対策用の商品にはコメドをなくすために必要な成分も入っているからです。

 

ニキビ対策用の商品には、

毛穴のつまりを取る

アクネ菌に作用し、ニキビへの進行を防ぐ

保湿成分が含まれ、皮膚の乾燥を防ぎ、毛穴がつまることを防ぐ

 

効果がある成分が含まれており、これらの成分はニキビ対策に効果があるだけでなくコメドができにくくなるようにする働きがあります。

 

コメドの段階のときに治療しておけば、ニキビになることを防ぐことができ結果的にニキビ跡や色素の沈着などに悩まされずにすむのです。

 

私が個人的に使用しているスキンケアはニキビ対策専用石鹸です。

ニキビができる前に毛穴を清潔に保ち、肌にうるおいを与えてくれるスキンケアです。

 

また、コメドをなくすためには下記の方法もあります。

 

コメドプレッシャー

皮膚から飛び出しているコメドの芯を、器具で押し出して取るという方法です。
この器具はドラッグストア等で数百円〜、販売されています。

 

入浴後など皮膚が柔らかくなっているときにこの器具を用いるとよいでしょう。
ただし、使用時に力を入れ過ぎてしまい、周りの皮膚を傷つけたりする恐れがあるため、注意して用いる必要があります。

 

私自身も持っていて使用したことがありますが、注意していても肌に負担がかかってしまうのであまりおすすめはできません。

 

毛穴シートパック

コメドのある部分に毛穴シートパックを貼り、はがして取るという方法です。
簡単にたくさんコメドを取ることができるので、使用した人の満足度も高く、多くの商品が販売されています。

 

ただし、毛穴シートパックを使用した後に保湿をおろそかにしてしまうと毛穴が開いた状態になり、皮質や角質等がかえってたまりやすくなることもあります。

 

また、頻繁にやり過ぎて、炎症を起こしてしまうという場合もあります。
このようにコメド対策グッズも、使い方を誤るとコメドに効果がないばかりか健康な肌を痛めてしまう可能性もあるため、使用には注意が必要です。

 

パッケージに記載の使用方法を守って適切に使用することが必要です。

 

ピンセットなどで取る

家にあるピンセットなどを用いてコメドを取るという方法もあります。
ただ、コメドがあるからといっていつでも取っていいという訳ではありません。

 

コメドが自然に表面に押し出されて来るのを待つ必要があります。
押し出されたコメドがあともう少しで取れそうという段階になったら、ピンセットや綿棒、ガーゼなどでそっとコメドを取り除くようにするときれいに取ることができます。

 

ただし、皮膚を傷つけたり細菌が侵入したりする恐れがあるため、爪で取り除くことは決してしないようにしてください。
また、ニキビにまで進行してしまった場合は、ピンセットなどで取る方法はおすすめできません。

 

医療機関での治療

ニキビの治療同様、コメドの治療も病院等の医療機関で行うことができます。
美容皮膚科では機器を用いコメドを除去する治療を行っています。

 

具体的には、まず毛穴につまっている皮脂等に蒸気を当てた後、薬を使って柔らかくします。
その後、吸引管を使用してコメドを吸引し除去する方法です。

 

開いた毛穴にはビタミンCなどを使用して引き締め、皮膚をケアしていきます。
その他にはレーザーを使用したコメド治療なども医療機関では受けることができます。

 

医療機関ではアフターケアも充実しており安心して治療が受けられるという長所がありますが、治療費用が高くかかってしまうというマイナス面もあります。

 

コメドを作らないためには

コメドを作らないためには、普段からの毛穴の掃除が効果的です。
ニキビケア用の洗顔石鹸などで、毛穴を掃除し清潔に保つことが大切です。

 

また、ニキビ対策同様、皮膚に潤いを与え、乾燥から守るようにすることもコメド予防には必要です

 

肌が乾燥してしまい、過剰に皮脂が分泌されてしまう結果を招きかねないからです。
たかがコメドと軽く考えず、ニキビに進行させないために初期段階でしっかり治しておくようにしましょう。

 

まとめ

コメドについて詳しく紹介しました。

コメドはすでにニキビの初期段階です。

早めの適切な処置で悪化を防ぎ、炎症した赤ニキビ、膿んだ黄ニキビにならないようにケアをしましょう。

 

毛穴をキレイにしてコメドを防ぐスキンケア
コメドは毛穴が詰まったニキビの初期段階です。

でも、この初期段階で毛穴をキレイにすることができれば、赤ニキビや黄ニキビにまで悪化しません。

毛穴をキレイにすることができるのは、ニキビ専用洗顔石鹸『ノンエーです。

毛穴をキレイにするだけでなく、肌にうるおいも残してくれるので洗顔後にカサカサすることもありません。

管理人も使用中でおすすめのノンエー、毛穴詰まりに悩んでいる方はぜひ一度使ってみてくださいね。

ノンエーについて詳しくはこちら

 

大人ニキビに悩むすべての方にまずは使ってみて!

 

ニキビの原因は、『乾燥と刺激』

ニキビ専用の洗顔石鹸『ノンエー』はモチモチの泡で肌に刺激を与えずやさしく洗うことができます。

肌に不要な成分は入っておらず、うるおい成分がたくさん!

ニキビでデリケートになっている肌敏感肌の方に使用をおすすめする洗顔石鹸です!

おすすめの記事